高機能性と高施工性。
従来の塩ビ管路の常識を超えたオールリブ管路システム。
下水道整備が急ピッチで進むなか、よりスピーディで簡単・確実な施工やコスト縮減が強く求められています。
ハイテク成形技術によって誕生したプラスチックリブパイプは超軽量かつ高剛性、砕石基礎への適用などを実現。リブ専用の小型マンホールもラインアップしオールリブでの管路構築も可能です。
経済性・施工性・耐震対策・環境負荷とあらゆる側面に配慮したプラスチックリブパイプは下水道の今後を担う管材です。
平成15年2月、日本下水道協会規格改正。 JSWAS K-13-2003
プラスチックリブパイプの数々の優位性と豊富な実績が認められ、平成11年4月、日本下水道協会規格JSWAS K-13として規格制定。平成15年2月、施工性・経済性・使用実績からJSWAS K-13に新たに品種が追加。より安心してご採用いただけるようになりました。
ハイテク成形によるリブ構造で高機能を実現。
管の厚さを増すことなく、最大限の剛性を得るにはどうしたらいいか?
その命題を解決したのが管の外周に効率よくリブを設けたプラスチックリブパイプです。
1.高剛性
リブ構造により高い偏平強度を実現。偏平剛性はVU管の約2倍で深埋設、浅埋設、車道下埋設など幅広い現場状況に対応。基礎は砂基礎、砕石基礎、さらに環境にやさしい再生砕石基礎まで対応します。

2.超軽量
リブ構造により軽量化を達成。質量はVU管の約2/3で将来にわたっての廃棄物の発生抑制(リデュース)効果も期待できます。

3.優れた施工性
軽量で運搬、取扱いがラクに行えます。切断溝により管の切断も簡単・確実。しかも面取りも不要です。

4.高い水密性
特殊形状のゴム輪接合によって優れた水密性を発揮。漏水や地下水などの不明浸入水を防止します。

5.優れた掃流性
パイプ内面は滑らかで粗度係数が小さく、鉄筋コンクリート管に比べて1.3倍の流量を確保。経年変化も少なく維持管理も容易です。
6.抜群の耐食性
硬質塩化ビニル製のため、酸性土壌や下水中の酸やアルカリにも腐食されることなく、抜群の耐食性を発揮します。
ページの先頭へもどる